メニュー

グランドスタッフ - 航空業界専門の求人サイト「航空人WEB」

グランドスタッフ

グランドスタッフ

2wide

 

主な仕事内容

私たちが空港に行き、チェックインカウンターなどで最初にお世話になるのがグランドスタッフだ。さわやかな笑顔の接客が印象的で、華やかなイメージがあることから、グランドスタッフに憧れる人は多い。

 

グランドスタッフの仕事は、旅客の搭乗手続きを行う「チェックイン業務」や搭乗ゲートで搭乗案内をする「ゲート業務」、飛行機が空港に到着してから荷物の引き渡し場所で乗客の荷物のケアをする「バゲージクレーム業務」、自分が担当する便の旅客数や特別なケアを必要とする旅客を確認する。

 

「オフィス業務」などもある。ほかにも、未搭乗の旅客を探す「トラフィック業務」や「オペレーション業務」と呼ばれる運航を地上から支える業務もあり、「グランドスタッフの仕事」といっても業務内容は実に幅広い。

 

また、業務内容以外にグランドスタッフという仕事の特徴にあげられるのが、早朝から深夜にまでおよぶシフト制の勤務形態と、頻繁に更新されるサービスや運賃などの知識の習得。グランドスタッフとは、常に、体力と精神力、学ぶことが要求される仕事なのだ。

グランドスタッフなるには

空港で、JALやANAのロゴが入った制服を身に付けて働いているグランドスタッフを見ると、航空会社が直接採用しているように思うかもしれないが、実はほとんどの人は旅客ハンドリング会社や地方の総代理店と呼ばれる会社に採用されている。

 

旅客ハンドリング会社とは、空港での旅客サービスを専門に行うために設立された会社のこと。成田国際空港、羽田空港、関西国際空港、中部国際空港など、大きな都市の空港には必ず旅客ハンドリング会社があり、各社でグランドスタッフを採用している。

 

では、旅客ハンドリング会社のない小さな地方空港ではどの会社が採用しているのか。この場合は、「総代理店」と呼ばれる会社が採用している。総代理店とは、航空会社の支店機能を代行している会社を指し、バスや鉄道会社などの運輸会社、旅行代理店、空港ビル会社などが請け負っている場合が多い。

 

業務は、旅客ハンドリングだけでなく、貨物ハンドリング、航空機の地上支援など、空港の仕事をまとめて受託している会社もある。数十人単位で毎年採用する都市空港のグランドスタッフとは違って、地方空港では採用される人数も限られているため、定期的に採用しない会社や、縁故採用のみというケースもある。

 

また、総代理店は、ひとつの会社が複数の航空会社の業務を請け負っていることもあり、必ずしも希望する航空会社の担当になれるとは限らない。

 

JAL、ANAは、日本全国の主要空港に旅客ハンドリング会社を設立し、グランドスタッフを採用している。エア・ドゥなども自社で採用している。

 

外資系航空会社のグランドスタッフを目指す人には、①外資系航空会社に応募する、②業務を委託されている国内航空会社の旅客ハンドリング会社に応募する、の2通りの方法がある。

 

しかし、外資系航空会社の自社採用のグランドスタッフは、「インチャージ(責任者)」としてごく少数が空港で働いており、採用のチャンスも少ないのが現状。たとえば中国系の航空会社はときおり就航地ごとに日本人グランドスタッフを募集しているが、「1名」や「若干名」と募集規模が小さい。

Copyright©航空人WEBAll Rights Reserved. login