メニュー

整備士 - 航空業界専門の求人サイト「航空人WEB」

整備士

整備士

11wide

主な仕事内容

航空整備士の仕事をひとことでいうと、航空機が安全に飛べるように点検や整備、修理などを行うことだ。例えば航空会社で使われている旅客機の場合、整備には日常的な運航の合間に行われる「ライン整備」のほか、一定の期間ごとに行われる本格的な「ドック整備」、エンジンや電子機器などを取り外して徹底的に整備する「ショップ整備」などがある。

 

このうちライン整備についてはスカイマークやエア・ドゥ、スターフライヤーなどでは自社の整備部門で行っているが、JALやANAでは系列の航空整備専門会社への業務委託が進んでいる。そのためJAL やANA の旅客機を整備したい場合には、航空整備専門のグループ会社への就職を目指すことになる。

航空整備士になるには

航空整備士として働くには国家資格が必要で、作業の種類などに応じて一等航空整備士、二等航空整備士、一等航空運航整備士、二等航空運航整備士、航空工場整備士などといった資格がある。航空整備の専門学校で取得できるのは二等航空整備士あるいは一等航空運航整備士の資格までで、あとは就職してから必要に応じて実務経験を積みながら上級資格を目指す。

 

ただし就職時に二等航空整備士の資格さえも必要としない航空整備会社もある。これは航空専門学校卒業生だけでなく、高等専門学校や大学などからも(資格の有無にかかわらず)優秀な人材を多く確保したいという理由からである。航空(整備)会社によっては指定する専門学校で学校推薦を受けた学生の中から選抜することもあるので、志望者はまず航空整備会社への就職実績がある専門学校への進学を目指すのが基本となる。

 

ただし就職実績のある専門学校に進んだとしても、採用試験を受けるためには学校推薦が必要なことが多いため、その場合はまず校内で選抜されなければならない。これは原則として普段の学業成績や学習態度などによって決まるが、就職活動時期を考えると、3年間の在学期間のうち最初の1〜2年の成績がポイント。

 

志望者は就職時期になってあわてて取り繕うのではなく、入学したらすぐに就職活動がスタートするのだというくらいの心づもりで学業に取り組もう。また、専門学校の他にも、千葉科学大学、崇城大学、第一工業大学、日本文理大学には航空整備を専門に学ぶコースがある。

 

航空整備の現場では、整備マニュアルや書類がほとんど英語で書かれているため、それを読みこなすための英語力は必須である。英検2級、TOEIC600点程度の英語力があれば有利だろう。

Copyright©航空人WEBAll Rights Reserved. login