メニュー

航空会社の総合職 - 航空業界専門の求人サイト「航空人WEB」

航空会社の総合職

航空会社の総合職

4wide

主な仕事内容

「総合職」とは、「航空ビジネス」という観点から、各部門をどう配置すればより業務効率がよくなるか、利益が上がるかを考え動かしていく職種だ。

 

また、近年はLCCの台頭により航空券の低価格競争が激化したり、燃油価格が変動したりと、航空業界は大きな変革期に突入した。その中で独自の戦略や事業計画を打ち出し、顧客を獲得するために必要な方法を提案・実行していくのが総合職の使命だ。

 

航空会社の総合職は、大きく「事務部門」と「技術部門」の2職種に分けられる。ANAなど大手エアラインをはじめ、国内エアラインのほとんどが、総合職をこの2職種に分けて採用している。

 

事務部門の総合職は、入社直後はおもに空港や営業所などで経験を積み、その後は管理部門、旅客管理部門、貨物事業部門、関連事業部門など、航空会社のビジネス全般に携わることになる。一方、技術部門の総合職は、現場での経験を数年間積んだ後に、航空機の運航整備や機体整備計画、航空機やエンジンメーカーとの交渉など、専門性の高い整備部門の管理業務にあたる。

 

事務部門も技術部門も、総合職は会社の将来を担う基幹社員であることに変わりはない。競争の激しい航空業界で会社が生き残るためにはどうすればよいか、常に将来を見据え、経営戦略を提案し、実践していくことのできる人材が求められる。

 

また、JALでは2019年度新卒者を対象とした採用で、初めて「業務企画職(地上職 数理・IT系)」を募集した。この職種では、情報通信技術や統計学といった素養を活かし、JALグループが蓄積するビッグデータを分析しながら、路線計画や販売戦略、IT企画などを担うことが期待されている。

 

この「総合職」という職種は、日本のエアライン独自のポジションであることにも注目したい。外資系エアラインでは、「総合職」として募集が発表されることはめったにない。

 

「営業スタッフ」「旅客サービススタッフ」「人事・総務スタッフ」というように、部門ごとにスペシャリストを採用するのが一般的だ。「総合職」としてさまざまな部署を経験し、ジェネラリストを目指すのならば、国内航空会社をねらおう。

総合職スタッフなるには

総合職の募集が発表されると、まずはウェブサイト上でプレエントリーする航空会社が多い。プレエントリーすると、次のステップであるエントリー(=応募)方法についての案内が届く。

 

ウェブサイトから所定のエントリーシートをダウンロードし、必要事項を記入して郵送するのが一般的だ。エントリーシートの提出と同時に、ウェブ上で適性検査の受検を課すところもある。

 

多くのエアラインの総合職採用試験では、エントリーシートをもとに書類選考が行われ、その後2 〜4回の面接を経て内定に至る。面接では、「詳しい航空知識を持っている人かどうか」ではなく、「これまでの人生でどんな経験をしたのか。また、その経験からどんなことを考え、何を得たのか」ということが問われる。事前に念入りに自己分析と企業研究をしておこう。

Copyright©航空人WEBAll Rights Reserved. login